海外ドラマ・映画

映画【ヴィンセントが教えてくれたこと】レビュー 想定外に号泣してしまった名作

前回紹介した映画「メリッサ・マッカーシー・inザ・ボス 世界で1番お金が好き!」が、見た後にスッキリするわ笑えるわでとても良かったので、メリッサ・マッカーシーの出てる映画を観たくて選んだ「ヴィンセントが教えてくれたこと」。

映画【メリッサマッカーシー・inザ・ボス 世界で1番お金が好き!】 レビューここ数カ月、特に悩み事もなくマイペースにのほほんと過ごしていた私ですが、少し前にちょっと落ち込むできごとがありました。 「気にしない」...

 

ハートウォーミングな映画は大好物の私も、久しぶりに笑って泣ける大当たりなストーリーでした。

悪いじいさんと可愛い少年の物語。

設定がすでにハートウォーミング。

心温まりたい人、優しい涙で泣きたい人には超おすすめです!

 

▽Amazonプライムビデオで視聴できます▽
Amazonプライムビデオを
30日間無料体験する

\30日以内に解約すれば料金はかかりません/

 

ヴィンセントが教えてくれたこと あらすじ

 

 

酒とギャンブルに溺れお金もなく、気難しくて嫌われ者のヴィンセント(ビル・マーレイ)。

ある日ヴィンセントの家の隣に、シングルマザーのマギー(メリッサ・マッカーシー)と12歳の息子オリバー(ジェイデン・リーバハー)が引っ越してくる。

ひょんなことからヴィンセントはオリバーのシッターをすることになる。

ヴィンセントはいじめられっこのオリバーにケンカの仕方を教えたり、競馬場やバーに連れて行ったりと子守りと言えないろくでもない事を教えてばかり。

そんなろくでもないヴィンセントだけど、本当は優しいところや傷ついていることを知ったオリバーはその想いを周りの人たちにも伝えようとする・・・。

 

ヴィンセントが教えてくれたこと 感想

 

 

メリッサ・マッカーシー目的だったのに、主演のビル・マーレイにすっかり心を奪われてしまいました。

ビル・マーレイ演じる不良じいさんのヴィンセント。

酒浸りでギャンブル好きで毒舌ばかりでひねくれもの。良い所なんてひとつも見当たらないくらい悪いじいさんを、ビル・マーレイがこれ以上ないくらいのハマリ具合で演じています。

ある事がきっかけでオリバーのシッターをすることになったヴィンセントが、いじめられっこのオリバーにケンカのやり方や競馬を教えたりするわけですよ。

こんな展開は「じいさんと少年」の物語に良くありがちな設定なんだけど、この映画はヴィンセントがくそじじい過ぎるのです。笑

少年オリバーも12歳の割には大人びていて落ち着いてるんだけど、急にあんなじいさんのところに預けられて怖がりもしないなんてありえない。笑

他にも回収できてないエピソードがいくつかあったけど、そこは置いといて。

このヴィンセントとオリバー、歳の離れた2人は対等な感じの関係を築いていきます。

オリバーが教わる事ばかりじゃなくて、オリバーのお蔭で変わっていくヴィンセント。

みんなが嫌うヴィンセントだけど、オリバーはヴィンセントが誰にも見せない優しさや傷ついている所を知っているのです。

ほっこりと心温まって終わるのかと思いきや、最後にオリバーの発表会のシーンがあります。

私、泣く用意ができてなかったのでまさかの感動のラストで号泣。

最近「涙枯れちゃった?」っていうくらい長い事泣いてなかったので、突如感情を揺さぶられてびっくりしました。

「あー。これは泣くぞ」という感じじゃなく、気づいたら泣かされてた。って感じです。

出てくる登場人物は、みんなそれぞれ何かしら問題を抱えています。

ヴィンセントも人知れず深い悩みや思いを抱えているし、オリバーのママ、マギーもシングルマザーになりたてで日々の生活に精一杯。

オリバーと関係を持つ売春婦のダカ(ナオミ・ワッツ)もお金も仕事もなく、お腹には赤ちゃんもいてギリギリで毎日を生きている。

物語の結末で、みんなの抱える問題が解消するわけではありません。

誰だって多かれ少なかれ問題は抱えつつも、理解してくれる人、見守ってくれる人がいるだけで幸せじゃない?そんな結末です。

ヴィンセント、オリバーに出会えてよかったね!って思いました。

 

ヴィンセントが教えてくれたこと みどころ

 

ヴィンセントが乗ってる古いオープンカーがあるんだけど、だめじじいヴィンセントにぴったりでかっこいいのです。

きったない部屋に住んでるヴィンセントですが、とても可愛がっている猫がいます。

真っ白でふわふわなその猫が、まーブス。笑

めっちゃぶすかわで、結果めちゃくちゃかわいいんです。演技うまいし。

ヴィンセントとと関係を持つロシア人の娼婦役のナオミ・ワッツ。

すごくキレイな人なのに、パンツ丸見えでビッチぶりが炸裂してます。

ヴィンセントがオリバーに娼婦の事を説明する時に「夜の女だ」と言うんだけど、少年オリバーは「夜勤の人」とかわいい勘違いをします。笑

そしてお目当てだったママ、マギー役のメリッサ・マッカーシーは毒っ気こそなかったものの喜怒哀楽の激しいパワフルなアメリカのおっかさんを演じています。

アメリカには行ったことないけど「あーいるいる。こんな人!」みたいなママ。

そして最後のエンドクレジット。

ヴィンセントが庭で水をまきながら、へたくそな歌声でボブ・ディランをうたいながらエンドクレジットが流れていくんだけど、色んな気持ちが入り混じって泣き笑いのような顔で観ていました。

見た後に優しい自分になれそうな映画です。

泣いて笑って優しい気持ちになれるなんて、最近観た映画の中でもほんとにイチオシ。

ぜひ思いっきり泣かされてください!

 

▽Amazonプライムビデオで視聴できます▽
Amazonプライムビデオを
30日間無料体験する

\30日以内に解約すれば料金はかかりません/