インテリア

インテリアのヒント ドア編

いよいよわが家のマイホーム計画も基礎工事が始まりました。

先日、建築士さんからの提案もあって、当初白にしようと思っていた寝室のドアを濃紺に変更する事にしました。

黒っぽい色合いのドアは、海外のお家や日本のショップや飲食店でも良く使われていてかっこいいけど「流行りに惑わされていないかな?」「一過性のきまぐれじゃないかな??」とぐるぐる悩んだりもしたけど、「気に入らなかったら塗ったらええやん!!」という事で決心しました(笑)。

今日はたくさんのインスピレーションをくれる、海外のインテリアドア編です!

オーソドックスな白いドア

私が海外インテリアのドアで最初にイメージするのは、オーソドックスなモールディングのついた白いドア。

※モールディング・・・巾木、廻縁、壁や額縁の装飾の事をいいます。

以前住んでいたいた家の寝室も白いドアで、10年住んでいたけど飽きもこずずっとお気に入りでした。

壁の色が明るめだとドアの白い色の相乗効果で部屋全体の印象が明るくなるし、逆に壁の色がダークな色だとドアの白さがいっそう際立ってドアの存在感が増しますね!

取っ手の種類でもイメージガずい分変わります。

ゴールドだとゴージャスになるし、ガラスノブだと可愛らしいイメージだし、真鍮だとクラシックに。

シルバーだとクラシックな中にもクールな印象です!

カラフルなドア

日本じゃちょっと浮いてしまうようなカラフルなドアも海外ではたくさん見かけます。

こんなやわらかい感じのピンクのドアだったら、かわいい娘さんがドアからでてきそうな雰囲気!

うちは男ばっかりだから、ありえないけど(笑)。

原色!!かわいいなぁ♡

赤いドアなんて、もっと若い頃だったら選んでたかもしれない!この赤いドア、周りのれんがのツタも含めて全部好き!!わたしツタ大好きなんです!!!!!

カラフルなドアは日本では玄関に使うと相当目立つけど、リビングのアクセントにしたり、子ども部屋に使うといいですね。

ガラスの入ってるものとガラスの無いものでも全然雰囲気が違うけど、どっちも可愛いですね♡

個人的には怖がりなので、気配を感じる様な気がしてガラスはこわいです(笑)。

本命のドア

今の所本命の濃紺のドア。

イメージはこんな感じかなぁ??ドアノブは真鍮を予定しています。

でも、ほんとはほんとは!

こういう感じに憧れます♡ゴシップガールに出てきそうなお家!!

やっぱりこの広さと、天井の高さがないとムリですね。

何よりお掃除してくれる人がいないとこんな家住めないわ(笑)。

まとめ

今回私が使おうと思っているのは、日本の小さな一般家庭の家のドアなので、仕上がりはきっとこじんまりした感じになると思います(笑)。

寝室に使う予定なのですが、ぐうたら主婦にとっては寝室は聖地なのです!!

いかに快適に自分が心地よく過ごせるかのみを考えているので、こじんまりで充分なのです。

それにしても素敵な海外のインテリア。

生まれ変われるなら欧米の人に生まれたい(笑)。